トップページ > 廃車補助金制度(スクラップインセンティブ)

廃車補助金制度 期間終了!

廃車補助金制度予算上限に達し終了しました。
廃車補助金制度(平成22年9月30日まで)は予算が上限に達し、申請の受付が終了しました。

廃車補助制度(スクラップインセンティブ)対象車

平成21年4月10日〜平成22年9月30日までに新車を購入車齢13年を超えた車を廃車にする
普通車・小型車1台あたり25万円 軽自動車1台あたり12.5万円

※ 対象車一覧は国土交通省ホームページでご確認下さい。
※ 廃車を伴わない場合には、普通車・小型車1台あたり10万円、
  軽自動車1台あたり5万円の補助金を受けることができます。

廃車補助制度(スクラップインセンティブ)が適用される 新車および廃車の定義

新 車 廃 車
平成21年4月10日〜平成22年9月30日までに新車新規登録(登録自動車)、もしくは新車新規検査届出(軽自動車)された自動車であること。
(※現金購入だけではなく、ローン、割賦・クレジットにより購入されたものも対象となります。)
平成21年4月10日〜平成22年9月30日までにお客様が販売店(ディーラー)、解体業者等の引取業者に自動車リサイクル法に基づく「使用済自動車」として引き渡した車齢13年に達した自動車であること。

車齢13年超車を廃車し、新車を購入する場合

● ポイント ●

1.車齢13年超の車を廃車にする

廃車にする車の初度登録日(軽自動車の場合は初度検査日)から、
廃車を引取業者に引き渡した日までの期間が13年以上であれば対象となります。

初度登録日 →13年以上→ 業者に引き渡した日 [車齢13年超車の対象となる]

なお、軽自動車については、初度年月日が特定できない(年または年月は特定できるものの、日が特定できない)ものが存在します。その場合は、車検証の交付日、軽自動車税申告書、保管場所標章番号通知書、初期点検記録簿、自賠責保険証明書等で年月日が確認できる場合はこれらを当該年月日とします。これらにより確認できない場合は、検査証に記載されている年月の最終日で初度検査が行われたものとされます。

●乗用車の場合(登録車・軽自動車) ※車年13年超車(経年車)を廃車にして新車を購入した場合

要 件 登録車 軽自動車
車齢13 年超車から平成22年度燃費基準達成車へ 25万円 12.5万円

●重量車の場合(トラック・バス等) ※車年13年超車(経年車)を廃車にして新車を購入した場合

要 件 小型 中型 大型
車齢13 年超車から新長期規制適合車へ 40万円 80万円 180万円

2.廃車の使用期間が1年以上であること

廃車した自動車を1年間以上、申請者が使用していたことが求められます。

→1年間使用→ 廃車引取日(初度登録から13年以上経過)

3.新車購入後1年以上の使用を義務付けられます

新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年間以上の使用が求められます。
違反すると補助金を返還することになります。なお、事故等により新車を滅失した場合は返納の必要はありません。

4.廃車と新車購入のタイミング

新車の登録等と廃車の順序は問われませんが、新車の登録等と廃車を引き渡すことが一連の行為と認められることが必要であるため、3ヶ月以内に新車の登録・廃車の両手続きが行われていることが必要となります。

※新車の購入は引取日の前でも後でも、引取日より3ヶ月以内であれば対象となります。

← 3カ月以内に新車登録 ← 廃車引取日 → 3ヶ月以内に新車登録 →  ※新車登録と廃車の順序は問わない。

※ 対象車一覧は国土交通省ホームページでご確認下さい。

5.平成21年4月10日以降に廃車引取されていること

平成21年4月10日より前に廃車引取、新車新規登録又は新車新規検査届出が行われている車両については対象とはなりませんのでご注意ください。

6.引取証明書を確認してください

廃車は自動車リサイクル法上の「引取」です。一次抹消や永久抹消ではありません。
また、同法に基づき、「引取証明書」を販売店(ディーラー)等の引取業者から必ず受け取ってください。

リサイくるまッチは、自動車リサイクル法許可認定業者が加盟し、
インターネットによる廃車事故車買取(見積)を行っている団体です。安心してご利用ください。

まとめ 補助金を受け取るまでの流れ

ステップ1 廃車手続きに必要な書類を用意。ステップ2 車齢13年超車の廃車を伴った新車購入。ステップ3 陸運局で抹消手続き、引取証明書の受け取り。ステップ4 申請書類の入手。申請書類を審査機関へ提出。ステップ5 審査後、お客様の口座へ補助金が振り込まれます。
  1. 廃車手続きに必要な書類等を用意します。
  2. 車齢13年超車を廃車にします。  → 一括査定店舗を探す
    および、一定の環境性能を有する新車の購入・新規登録(届出)を行います。
  3. 陸運局で抹消手続きを行い、引取証明書を受け取りましょう。
  4. 申請者は基本的に新車を購入したディーラーを通じて申請書類の入手、
    当該ディーラーを通じてディーラー団体に申請書類を提出してください。
  5. 審査機関で審査後、補助金がお客様の口座に直接振り込まれます。
車齢13年超車(経年車)の廃車を伴う新車購入補助の場合に必要な書類
  1. 補助金交付申請書
  2. 廃車が13年超であることおよび、1年以上使用したことを証明する書面
    (廃車の詳細登録事項等証明書等)
  3. 新車の登録(届出)、環境対応要件を満たしていることを証明する書類
    (新車の車検証のコピー)
  4. 本人確認書類
    (住民票、運転免許証、健康保険証等のコピー)
  5. 名義変更を伴う場合は、同一世帯又は二親等以内の親族における
    名義変更であることを証明する書類
    (住民票、戸籍謄本等のコピー)
  6. 補助金振り込み先の金融機関の通帳のコピー

※ 各種書類のコピーは、印刷が鮮明なものに限ります。

廃車の無料一括見積はこちらから 1階の入力で最大8社の見積ができてらくらくお得!

※ 自動で1〜8店舗に廃車・事故車見積(無料買取査定)が依頼されます。
※ 個別店舗への見積をご希望の方は、店舗を探すからお進みください。

? 問題が解決されない・わからないことがある方は
廃車補助金制度(スクラップインセンティブ)について質問を投稿する

ページの先頭へ