トップページ > 自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

自動車を廃車にする際の適切な処理

自動車を廃車にする場合、リサイクル料金がかかるって知っていますか?
リサイクル法は2005年1月から自動車リサイクル法によって定められました。
リサイくるまッチでは自動車を廃車にする際、シュレッダーダスト・フロン類・エアバッグ類、
これら3品目を適切に処理します。
シュレッダーダスト・フロン類・エアバック類 リサイくるまッチでは、これら3品目を適切に処理します。
廃車適正処理、流れの紹介について詳しく見る

自動車リサイクル法に基づいて廃車すると、自動車重量税が戻ってきます。
廃車として引き渡した車に車検の有効期間が残っていて、なおかつ自動車リサイクル法に基づいて適正に解体された場合に限り、車検残存期間に応じた自動車重量税の還付を受けることができます。

自動車リサイクル法とは

ゴミを減らし、資源を無駄にしないリサイクル型社会をつくるために、自動車メーカー・輸入業者、関連事業者、所有者、それぞれの役割を定め、自動車(廃車)のリサイクルを進める法律です。
所有者の皆様は、新車購入、車検、廃車の際にリサイクル料金を支払うことになりました。
※一つの車に対して原則一回支払っていただくことになります。

対象となる自動車

以下の車輌を除く、すべての車(トラック・バスなどの大型車含む)が対象となります。

<対象外となる自動車>
・被けん引車
・二輪車
・大型特殊自動車、小型特殊自動車
・その他(農作業機械、スノーモービルなど)

自動車の所有者が行うこと

(1)リサイクル料金のお支払い
自動車の所有者の皆様には、リサイクル料金をお支払いいただきます。
【注】負担する自動車の所有者は、自動車検査証記載の所有者と一致しない場合もあります。ローン販売の時は自動車検査証記載の使用者がリサイクル料金の負担者となります。
(2)使用済自動車の引取業者への引渡し
使用済となった自動車は都道府県知事又は保健所設置市の登録を受けた引取業者に引き渡すことが必要です。その時、引取証明書が発行されますので、必ず受け取り確認してください。

自動車リサイクル料金

自動車のメーカー・車種によって、一台ごとに異なります。普通自動車ですと、7,000円〜18,000円程度です。料金はシュレッダーダストの発生見込量やフロン類・エアバッグ類の装備状況などによって決まります。
具体的な金額は自動車リサイクルシステム「自動車リサイクル料金検索」からご確認下さい。
(車検証をお手元にご用意下さい)参照:自動車リサイクルシステム http://www.jars.gr.jp/

自動車リサイクル料金の支払い

新車は購入時に新車販売店に支払う、平成16年までに購入した自動車は最初の車検時までに整備業者または車検場の専用端末に支払う、車検前に廃車する車は廃車時に引取業者に支払う

エアバッグやエアコンを後で付けた場合は、その分を廃車時に支払うことになります。
その際、資金管理料金の支払い(380円また480円)が再度必要となります。

その他、リサイクル法に関してよくある質問
自動車リサイクル法が必要な理由
どうして車の所有者がリサイクル料金を支払わなければいけないの?
リサイクル料金は何に使われるの?
リサイクル料金は、なぜ車種によってちがうんですか
リサイクル券とは何ですか
年式の古い車は「リサイクル料金」を支払わなくてもいいのですか

廃車手続きには、永久抹消手続き・一時抹消手続き・解体届け手続きがあり、手続きによって必要な書類が変わります。リサイくるまッチでは自動車の廃車時のアドバイスや手続き代行も行っております。ぜひご利用下さい。

廃車の無料一括見積はこちらから 1回の入力で最大8社の見積ができてらくらくお得!