リサイくるまッチトップぺージ > 自動車の用語集

車の専門用語をわかりやすく解説!自動車の用語集

た行

「た」から始まる車の用語

タービン
タービンとは、排気ガスを翼車に吹きつけ、風圧で軸を回転させてエネルギーを得る装置。
ターボ
ターボとは、ターボチャージャーの略称で、タービンと呼ばれる羽根をエンジンからの排気ガスで回し、コンプレッサーで空気を圧縮しエンジンの出力をアップさせる過給機のこと。
ターボタイマー
ターボタイマーとは、ターボチャージャー保護のためキーを回してイグニッションを切っても一定時間アフターアイドリングさせてタービンの回転を落としてからエンジンを止めるパーツのこと。
ターボチャージャー
ターボとはタービンの意味。エンジンから排出される排気ガスは、通常排気管を通して放出されているが、ターボはこの排気ガスの圧力を利用してタービンを回し、エンジンに吸入する空気の圧力を上げるシステム。
ターボラグ
ターボチャージャーの場合、エンジンが低回転の時は排気ガス量も少ないためにタービンも低回転である。アイドリング状態やエンジン回転数の低い走行状態から急加速しようとしても、タービンの回転がある程度まで上昇するまではターボの効果が出てこない。この反応の遅れをターボラグという。
大気圧センサー
いわゆる大気圧力を測定するセンサーで、絶対圧センサーとも呼ぶ。エンジン、特にNAエンジンの場合は同じスロットル開度でも、大気圧が高い場合と低い場合で吸気量に差が出るが、この時燃料の噴射量を大気圧の違いでコントロールするために大気圧センサーを装着することがある。
ダイナモ
ダイナモとは、主に直流発電機のことでエンジンの力で発電し、車に必要な電力をバッテリーに充電する装置。
タイミングベルト
タイミングベルトとは、エンジン内部のクランクシャフトの回転をカムシャフトに伝えるベルトのこと。走行中にベルトが切れてしまうと、エンジンが停止してしまう重要な部品なので、走行距離7〜10万kmが交換時期の目安。
タイヤ
ホイールに装着して車体に取付け、唯一路面と接するゴム製部品。
タイロッド
タイロッドとは、ステアリングギアボックスと車輪のナックルアームまでをつなぐ棒のこと。ハンドルを切って前輪タイヤを左右に動かす動作ができるのはこのタイロッドのため。
タコ足
タコ足とは、エンジンから出ている排気集合管エキゾーストマニーホールドの通り名で、その見た目から「タコ足」と呼ばれる。
タコメーター
タコメーターとは、エンジン1分間あたりの回転数を表示するメーターのことを言う。
ダブルクラッチ
ダブルクラッチとは、MT車のシフトチェンジの時に、ニュートラルで一度アクセルを踏み空ぶかしすることで回転数を合わせてスムーズにギアを変えるテクニック。

ページの先頭へ

「ち」から始まる車の用語

直噴エンジン
直噴エンジンとは、筒内直接燃料噴射式エンジンのことで、シリンダー内の圧縮した空気にガソリンを直接噴射して点火するエンジンのこと。 CO2の排出量削減や燃費の向上を図る。

ページの先頭へ

「つ」から始まる車の用語

ツインカム
ツインカムとは、カムシャフトが2本あるエンジンのことを言う。
ツライチ
ツライチとは、フェンダーとタイヤの面が均一になった状態のことを言う。見た目にもかっこよく、コーナーでのグリップ力も向上するがタイヤがフェンダー内側に干渉するなどの問題もある。

ページの先頭へ

「て」から始まる車の用語

ディーゼル車
ディーゼル車とは、軽油を燃料としたディーゼルエンジンを原動力とする車のこと。トラックやバス、クロスカントリー4WDなどの大型車に多い。燃料自体も安く燃費が良いので経済性に優れる。
ディスクブレーキ
ディスクブレーキとは、車輪と共に回転する円盤状のものを、ブレーキパッドで挟み込み減速させるブレーキのこと。ブレーキ自体が露出しているため放熱性や耐水性に優れ、高い速度からのブレーキングに適している。
ディスチャージヘッドライト
ディスチャージとは、キセノンライトの別称。「キセノンヘッドライト」参照。

ページの先頭へ

「と」から始まる車の用語

トラクションコントロール
トラクションコントロールとは、急発進などパワーのかけ過ぎで起こるホイールスピンをコンピュータが検知し、トルクを制御することで駆動力を効率的に路面に伝えてスピンを防ぐシステムのこと。
ドラムブレーキ
ドラムブレーキとは、タイヤと一緒に回転するブレーキドラムに、内側からブレーキシューを押しあてて減速させる仕組みのブレーキ。放熱性・耐水性が悪く、高速走行する車には向かない。
ドリフト
ドリフトとは、コーナーで故意にタイヤをスライドさせながら走行することをいう。
トルク
エンジンの回転によってシャフトを回す力の事。 Kgmという単位で表され、爆発力が強いほどトルクも大きな値になる。

ページの先頭へ

な行

「の」から始まる車の用語

ノッキング
ノッキングとは、燃焼室内で発生する異常燃焼のこと。発生するとカリカリ、カタカタといった振動、騒音を発しトルクが得られず、燃費・耐久性にも悪影響を及ぼす。車に乗せる人や荷物が多い場合やエアコンの使用など、エンジンに負荷がかかると起こりやすい。

ページの先頭へ

は行

「は」から始まる車の用語

廃車
廃車とは、自動車の本来の用途における使用(人や物を運ぶこと)をやめ、車籍を抹消し、廃棄すること、またはそうされた車両のこと。 通常、自動車の所有者が抹消登録と呼ばれる手続きを行うことによってナンバープレートが取り外され、廃車ということになる。
ハイドロプレーニング現象
ハイドロプレーニング現象とは、水の溜まった路面を高速で走行した場合、タイヤが水に浮き、車のコントロールが出来なくなる現象。タイヤは空転し、ハンドルもアクセルもブレーキも利かなくなるので、慌てず焦らず急な操作を避け、グリップの回復を待つのが最善の方法である。雨の日の高速道路や轍(わだち)の道路を走るときは要注意。
ハイブリッドカー
ハイブリッドカーとは、エンジンと電気モーター2つの動力を持って動く車のことを言う。車が走るときの状況に合わせてエンジンとモーターをうまく使いわけ、一番効率の良い走り方をコンピューターが自動的に判断し、燃費を向上させる。高出力・燃費に優れ排気ガスが少ない一方、複数の動力源を持つため車両重量も重く、価格が高いが次世代自動車として注目が高まっている。
バケットシート
バケットシートとは、急カーブを曲がるときに乗員の体が遠心力でズレないように体を包み込む形になったシートのこと。スポーツカーなどによく採用される。
馬力
もともと馬力とは、その言葉通り馬1頭の力を1馬力と定めていたが、現在では、1馬力は75kgの重量を1秒間に1m動かす時の力を定義し、この馬力をps(Pferde starke)という単位で表す。
バルブ
バルブとは、エンジンのシリンダーヘッドに付いている弁のことで、液体や気体の出入りをコントロールして弁の開閉で吸気や排気を行う。
パワーウインドウ
パワーウインドウとは、電気モーターの力を使いスイッチ操作で窓の開閉ができるドアウィンドウのこと。
パワーシート
パワーシートとは、電気モーターの力を使いスイッチ操作で座席のスライドや座面高さ、リクライニングの調整ができるシートのこと。
パワーステアリング
パワーステアリングとは、 ハンドルの操作をエンジンの動力や電気モーターの力を利用して、ハンドルを軽く回せるようにした装置のこと。通称、パワステとも言う。

ページの先頭へ

「ふ」から始まる車の用語

ブースト圧
ブースト圧とは、ターボー車などの過給式エンジンの用語でエンジンからタービンに送り込まれる排気ガスの圧力の事を言う。
フェンダー
フェンダーとは、タイヤを囲うボディパネルのこと。タイヤ泥よけの意味。
フォグランプ
フォグランプとは、霧灯のこと。霧が濃い時や吹雪など悪天候時に、安全な視界を確保するための補助灯。
ブローオフバルブ
ブローオフバルブとは、タービンを保護するためのパーツのこと。アクセルをふかした状態から急激にアクセルを緩めた時にターボによって圧縮された空気が吸気管内でタービンを逆回転して破損するのを防ぐバルブのこと。
プロペラシャフト
プロペラシャフトとは、推進軸という意味で、FR車や4WD車の床下、車体中央を前後に通すパイプ状のシャフトでエンジン・トランスミッションからの動力を後輪に伝えて車輪を回転させる。

ページの先頭へ

「ほ」から始まる車の用語

ボクサーエンジン
水平対向エンジンの別名。「水平対向エンジン」参照。

ページの先頭へ

ま行

「ま」から始まる車の用語

抹消登録
抹消登録とは、廃車にする方法として「永久抹消登録」と、「一時抹消登録」のどちらかを所有者が選択できる。登録自動車の場合は陸運支局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会でこの手続きを行い廃車とする。

ページの先頭へ

「み」から始まる車の用語

ミスファイアリングシステム
ミスファイヤリングシステムとは、ラリーカーなどで使われるようになった、ターボラグ解消装置のこと。アクセルがオフ状態の時、未燃焼ガスをタービン手前の排気ポート内で燃焼させ、タービンを回し続けることでターボラグを解消するもの。ラリーカーが「パン、パン」という音を鳴らしながらコーナーを走るのはそのアクセルがオフ状態の時に聞こえるエキパイ内の爆発音。

ページの先頭へ

「む」から始まる車の用語

ムーンルーフ
ムーンルーフとは、サンルーフの一種でスモークガラスを用いて直射日光をカットする。

ページの先頭へ

や行

「ゆ」から始まる車の用語

ユーロテール
ユーロテールとは、テールランプの一種で、無色透明のクリアカバーの中に丸形のランプ類を並べた指示灯。

ページの先頭へ

ら行

「ら」から始まる車の用語

ラジエーター
ラジエーターとは、エンジンの冷却水を冷やすための装置。一般的には自動車の前方に設置され、高温になった冷却水を風とファンで冷ます仕組みになっており、エンジンのオーバーヒートを防ぐ。

ページの先頭へ

「る」から始まる車の用語

類別区分番号
類別区分番号とは、一般に車両のグレード(ドア数、サンルーフなどの装備の設定)を示す番号で、表示部は、3桁あるいは4桁の数字からなり、型式指定番号と組み合わせることによって、各車種のグレードや装備品の種類を知ることがでる。

http://www.j-tokkyo.com/より

ページの先頭へ

「れ」から始まる車の用語

レストア
レストアとは、年月の積み重ねにより古くなった車やバイクなどを新車当時の姿に復元・再生することを言う。

ページの先頭へ

「ろ」から始まる車の用語

ローダウン
ローダウンとは、サスペンションのバネを交換するなどして、ノーマル車よりも車高を下げた仕様のこと。
ロータリーエンジン
ロータリーエンジンとは、三角のおむすび型のローターが組み込まれていて、長円形のローターハウジングの中をグルグル回って吸入・圧縮・膨張・排気という一連のサイクルをローターの回転により行い、パワーを生み出すエンジン。ローターの回転をそのまま利用できるため、少ない排気量でも高出力が得られるほかエンジンがコンパクトと、効率的なエンジン。

ページの先頭へ